売電価格 下落

売電価格の下落に伴いメリットが薄れていく

 

開始当初は、50円に近かった売電価格年々下がっています。
太陽光発電の最大のメリットは、住宅用であれば10年、産業用であれば20年間一定の価格で電気を買い取ることを義務づけたことです。

 

住宅用にしろ産業用にしろ初期投資に一定の費用が掛かるため売電価格の低下が直接収支に影響を及ぼします。

 

年々、売電価格は下がっているため一時いろんな企業がこぞって参入した太陽光発電ももう終わりという雰囲気すらあります。

 

いくらメリットの多い太陽光発電でも売電価格の低下によって収益が低下してシミュレーションをしても結果が悪ければ導入する企業も少なくなるでしょう。

 

実は、32円・36円物件を購入するこうが可能な場合が

 

売電価格の下落によって太陽光発電の導入をあきらめる人は多くいます。

 

しかし、ちょっと待って下さい。
あきらめるのはまだ早いのです。

 

産業用の太陽光発電であれば、まだ32円、36円の物件を購入することが可能な場合があるのです。

 

もちろん、今から土地を探してそこに太陽光発電を設置してというのでは無理です。この方法だと現在の売電価格になってしまいます。

 

業者が売電の権利だけ取っていろんな事情でまだ、販売していない32円、36円の物件がある場合があるのです。

 

もちろん、こういった物件は常に広告に出ているわけではありません。
広告に出たと思ったらすぐに売れてします。
そんな感じです。

 

太陽光発電の導入を考えているのであればあきらめる必要はありません。情報を収集して32円、36円の物件を探してみましょう。

 

 

>>太陽光発電の情報収集はこちら<<