太陽光発電 過積載 増設 売電価格

太陽光発電のビジネスはもう終わり?

 

太陽光発電の売電価格は年々下がっておりもう終わりと思っている人も多いのではないかと思います。

 

たしかに売電価格が下がると高い初期投資の回収に時間が掛かりビジネスとしてはおいしいところは減ってきています。

 

残るのが長期間の運用というリスクであれば誰もやろうという人はいないと思います。

 

しかし、まだあきらめるのは早いです。
売電収入を増やす方法はあります。

 

それは、太陽光パネルを過積載にするという方法です。
過積載というのは、どういうことかというとパワーコンディショナーの出力以上に太陽光パネルを搭載するということです。

 

過積載にして発電量を上げることが可能

 

そもそも過積載ではなくパワーコンディショナーそのものの出力を上げたほうがいいと思うかもしれませんが、50KWを超える設備の場合はキュービクルという設備が必要になり割高になります。

 

小さい規模の発電で最も設備費用の割がいいのが、50KWのものです。
だから50KWの設備が多く発売されているのです。

 

50KWのものに太陽光パネルを過積載すると設備の費用が圧縮できるのです。

 

新規に太陽光発電を導入する場合だけでなく既に太陽光発電を導入済でも用地に余裕があれば導入可能です。

 

過積載にするとどうなるかというと出力の最大は、パワーコンディショナーの上限までとなります。

 

パワーコンディショナーの出力が50KWとするといくら太陽光パネルを搭載しても50KW以上は出力できません。

 

ただし、パワーコンディショナーがフル稼働して50KWであるのは最も光が強い時間帯のみです。

 

太陽光パネルを1.25倍に過積載したとすると光が最大でない時間帯例えば朝9時は30KWとすると9時の出力は1.25倍になるということになります。

 

発電量の少ない冬場などは最大まで発電することがないので全体が1.25倍になります。

 

年間トールタルで考えると太陽光パネルを1.25倍にすると実際の発電量は少し少なく1.2倍程度になりますが、導入の際にはシミュレーションソフトで確認するといいでしょう。

 

過積載は、導入コストが少ない割には効果が大きいとされています。

 

既に導入済の太陽光に対して追加した場合は、軽微な変更手続きだけで追加ができます。