太陽光発電 利回り

下がり続ける売電価格

 

太陽光発電の売電価格は年々下がり続けています。
太陽光発電のビジネスに興味があった人もこれだけ売電価格が下がればもう太陽光発電ビジネスを行うメリットはないと思っているかもしれません。

 

もし、太陽光発電ビジネスを行うのであれば条件は何でしょうか?
多くの人はどれだけ「儲かるか」と答えるに違いないと思います。

 

この「儲かる」というのは何をもって儲かるのかというとやはり利回りでしょう。

 

どれだけ投資をしてどれだけリターンがあるかだと思います。
「10%」もあれば多くの人が納得する「儲かる」という条件に当たるのではないかと思います。

 

売電価格が下がっているということに注目されがちですが、実はよい条件になっているものもあります。
設備の価格が年々下がっているということです。

 

こんな売電価格では、初期導入費もペイできないとあきらめる前に一度シミュレーションをしてみることをお勧めします。

 

 

表面利回り10%超えはまだ存在する

 

実は、先ほど言いました「利回り10%超」という案件は実はまだ存在するのです。

 

なぜ、存在するかというのは下がる前の売電価格であったり理由はいろいろあります。

 

ただし、一般的に表示されている利回りは「表面利回り」といいます。
これは、販売価格と想定する売電収入から算出したもので実際の利回りとは異なります。

 

実際に導入するかは、表面上の利回りではなく実際の利回りで検討しないといけません。

 

実際の利回りを「実質利回り」と言います。
太陽光発電に必要な経費を含めて検討することになりますので実際の利益となります。

 

導入するなら実質利回りが高い物件を購入する必要があります。
検討する方法としては、表面利回りの高い案件をピックアップしてその中から実質利回りをチェックしていくことになります。

 

 

>>表面利回り10%以上が多数あるサイトはこちら<<