蓄電池 補助金

蓄電池は現在、注目の技術

 

太陽光発電は、国の政策によるあと押しが弱まっているせいか下火のイメージがあります。

 

そんな太陽光関連の技術の中で注目されているのが、蓄電池の技術なのです。

 

蓄電池というとダブル発電による売電価格の低下というイメージがありますが、太陽光発電の弱点解消するかもしれない技術なのです。

 

太陽光発電の弱点というと
・日が照っている時しか発電しない
・安定した電力が提供できない

 

というのがあります。

 

蓄電池の技術が発達するとこれらの弱点が解消される可能性があります。

 

昼間の日が照っているときに発電した電気を貯めて夜に安定して使うことができる。

 

蓄電池は実際に使えるレベルまで来ている

 

蓄電池の技術が発達するのはいつのことかわからないというものではなく実用レベルまで来ています。

 

その結果が各メーカーが販売している蓄電池ということになります。

 

いくら技術が進歩しても価格が高ければ「手がでない」とか「導入費がペイできない」という問題にぶち当たりますが、最近発売されているものは充分に各家庭でも手がでるものになってきています。

 

さらに太陽発電はすでになくなってしまった補助金がまだあります。
ご存知の通り太陽光発電の補助金は初期導入コストを下げるのに大きく役にたっていました。

 

蓄電池も初期導入コストを下げるのに大きく役に立ちます。

 

実際の蓄電池の補助金はこうです。
実際の購入金額と、機器ごとに定められた目標価格との差額の2/3以内。
(1住宅当たり最大100万)

 

無理に導入する必要はまったくありませんが、興味があるのであれば検討してみる価値はあります。

 

蓄電池の補助金も蓄電池が普及するとともに減っていく可能性があります。
太陽光発電+蓄電池を検討するならいまでしょう。

 

 

>>タイナビで太陽光発電+蓄電池の検討を行う<<